2011年09月30日

人とのつながり

地元商工会議所の交流会に参加しました。

__d.JPG

商売は人とのつながりから始まるもの
商業の教員として、地元の企業の皆さんには
顔を売っておかないとと思い
部活を早く切り上げての参加となりました。

まずは、市長から防災についての講演がありました。
市が行っている防災についての取り組みはもちろん、
先日の台風での話や県とのやり取り
報道からの問い合わせに対応する苦労など
裏話やこぼれ話を交えながらの興味深いお話でした。

お話の中で、消防防災GISについて初めてしました。
GIS(地理情報システム)を活用した
防災・被害情報を管理できるシステムがあるそうです。

コンピュータネットワークを使って効率的に
情報を管理する取り組みをなされている一方で
電話や直接対話なども重視されているとのことでした。

ダムからの放水量をインターネットで確認しつつ
電話などで問い合わせることで、
ダム管理事務所のちょっとした様子を感じることができる
とのことでした。

「デジタルとアナログをバランスよく使う」

デジタルばかりに頼るのではなく
アナログ的な情報の収集は、非常時にこそ大切なことのようです。
市役所では、所属部長を集めて早朝に朝食をとりながら
打ち合わせを行う機会を設けるなど、コミュニケーションにも
いろいろと工夫をされているそうです。

さて、市長の講演に続いて
事業者との交流、取り扱い商品・サービスの紹介もありました。
創業80年を超える企業もあれば「今日、2期目の決算を今日迎えた!」という企業もあり
数多くの方と名刺交換させてもらいました。
学校ではこれから販売実習に向けて
生徒が地元企業にお世話になります。
その御挨拶もできました。
いろんな企画が進行していますので
また報告できたらと思います。

よく産学官の交流という言葉を聞くと思いますが
今日はその第一歩となりました!
posted by mittake.com at 23:12| Comment(0) | 商業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。