2012年01月25日

全商簿記検お疲れ様

挑戦された生徒の皆さんも、指導された先生方も
第73回全商簿記検定お疲れ様でした。

今回まったくNoタッチだったので寂しい思いをしていたところに、
受検した生徒から1級原価計算で面白い問題を質問されました。
その問題とは…
〔1〕のcです

等級別総合原価計算を採用している工場が掛売りした
1級製品の返品(製造原価63,000円分・販売価額にして90,000円)と
2級製品の値引き(60,000円)の仕訳を問う問題です。


さて、高校生が分かりやすいようにまとめることができるか!挑戦です!!

工場で8円で作った製品を10円で販売した場合。
売 掛 金10円   売  上10円
売上原価 8円   製  品 8円

利益はこの記録により、
売上10円−売上原価8円=利益2円で求めることができます。

上記商品が返品され、現金を返金された場合は
売  上10円   売 掛 金10円
製  品 8円   売上原価 8円
利益を計算すると
(売上10円−売上10円)−(売上原価8円−売上原価8円)=利益0円
になります。取引自体がなかったことになるわけですから当たり前です。

この仕訳を見ると、我々は売上に対して
必ず売上原価を記録する必要があると思ってしまいがちです。
さらに、3級の商業簿記で、
「売上の返品と値引きは売上の反対の仕分けをする!」
と覚えてしまっていると
上記商品を1円値引きしたという場合に混乱してしまいます。

仮に返品されたときの仕訳を値引きと同じように考え、
売  上 1円   売 掛 金 1円
製  品 1円   売上原価 1円
と仕訳してしまうと、利益は
(売上10円−売上1円)−(売上原価8円−売上原価1円)=利益2円
となってしまいます。利益は変わりません。

売上原価は、売った商品を作るためにかかった費用です。
いくら値引きしようが、
製品を作るためにかかった費用は全く変わりません。
今回販売された商品は8円で作られたのです。
本来10円で販売する商品を1円値引きして9円で販売したわけですから、
売上9円−売上原価8円=利益1円
となるはずです。
値引きしたから利益が減るのは当然です。

ですから正解は上段だけでいいわけです。
売  上 1円   売 掛 金 1円

下段の
製  品 1円   売上原価 1円
は、売上原価つまり商品の製造費用を変更してしまうことになります。
だから、いらないのです。


ちょっとややこしくなったので、誤解を恐れず別の視点から…

先ほどの間違った仕訳を考えてみましょう。
売  上 1円   売 掛 金 1円
製  品 1円   売上原価 1円
上の段は商業簿記の仕訳、
下の段は工業簿記の仕訳です

商業簿記では、返品と値引き時は反対仕訳をします。
ところが値引きのときは工業簿記の仕訳は行いません。
工場は何も動いていないからです。
値引きの窓口は営業マン、
つまり商業簿記だけの問題だからです。

検定問題を見てみると
1級製品の返品と2級製品の値引き
になっていますからややこしいですが。

別々に考えると1級製品は工場に製品が返ってくるので
商業簿記と工業簿記の売上時の反対の仕訳を行います
売  上 90,000 売 掛 金 90,000
1級製品 63,000 売上原価 63,000

次に、2級製品は値引きだけなので
商業簿記の売上時の反対仕訳のみを行います。
売  上 60,000 売 掛 金 60,000

これを合わせると
売  上 150,000 売 掛 金 150,000
1級製品  63,000 売上原価  63,000

という正解が導かれます。


長くなってしまった。
posted by mittake.com at 20:09| Comment(0) | 商業

2011年12月16日

みょうがドレッシング

忘年会シーズン真っ盛り。
私の職場でも忘年会がありました。
今年のお土産は

IMG_1164.JPG

これ、秋田県の能代市立能代商業高等学校が商品開発した
ミョウガドレッシングです。
実は先日の販売実習で、あるクラスが仕入れ
販売していた商品でした。
大震災復興支援として
東北地方の商業高校が開発した商品を
販売する企画でした。
大変素晴らしい企画
ですが・・・

よりによってミョウガとは・・・

私が嫌いな食べ物のひとつです。
どうもこれだけは受け付けません。

ところが、勇気を出して食べてみると
これが非常においしく絶品でした。
高校が企画販売しているものなので
なかなか手に入らないものですが
機会があれば皆さんにもすすめたい一品です。
posted by mittake.com at 22:03| Comment(0) | 商業

2011年11月20日

全国お雑煮フェスタ

今日は、第129回日商簿記検定。
受験生の皆様おつかれさまでした。
今回わたしは3級の指導をしていましたが
問題は若干簡単だったようです。
どうだったでしょうか?

昨日と今日、坂出商店街を会場に
全国お雑煮フェスタが行われています。
IMG_1112.JPG

私が出向いた13時にはどのお雑煮も完売!
IMG_1115.JPG
私も日曜日でしたが、仕事の合間を縫って
職場の先輩と少しだけお邪魔しました。
大変好評のようで、商店街は人であふれかえっていました。
今度、機会があればゆっくり見て回りたいと感じました。
posted by mittake.com at 23:10| Comment(2) | 商業

2011年09月30日

人とのつながり

地元商工会議所の交流会に参加しました。

__d.JPG

商売は人とのつながりから始まるもの
商業の教員として、地元の企業の皆さんには
顔を売っておかないとと思い
部活を早く切り上げての参加となりました。

まずは、市長から防災についての講演がありました。
市が行っている防災についての取り組みはもちろん、
先日の台風での話や県とのやり取り
報道からの問い合わせに対応する苦労など
裏話やこぼれ話を交えながらの興味深いお話でした。

お話の中で、消防防災GISについて初めてしました。
GIS(地理情報システム)を活用した
防災・被害情報を管理できるシステムがあるそうです。

コンピュータネットワークを使って効率的に
情報を管理する取り組みをなされている一方で
電話や直接対話なども重視されているとのことでした。

ダムからの放水量をインターネットで確認しつつ
電話などで問い合わせることで、
ダム管理事務所のちょっとした様子を感じることができる
とのことでした。

「デジタルとアナログをバランスよく使う」

デジタルばかりに頼るのではなく
アナログ的な情報の収集は、非常時にこそ大切なことのようです。
市役所では、所属部長を集めて早朝に朝食をとりながら
打ち合わせを行う機会を設けるなど、コミュニケーションにも
いろいろと工夫をされているそうです。

さて、市長の講演に続いて
事業者との交流、取り扱い商品・サービスの紹介もありました。
創業80年を超える企業もあれば「今日、2期目の決算を今日迎えた!」という企業もあり
数多くの方と名刺交換させてもらいました。
学校ではこれから販売実習に向けて
生徒が地元企業にお世話になります。
その御挨拶もできました。
いろんな企画が進行していますので
また報告できたらと思います。

よく産学官の交流という言葉を聞くと思いますが
今日はその第一歩となりました!
posted by mittake.com at 23:12| Comment(0) | 商業

2011年03月25日

ITと簿記

高校商業教育といえば

「ITと簿記」

これが柱です。
これは思いっきり私見ですのでお許しを!


どうもそれが、

商業は「簿記」。

という考えが充満しているようで残念なんです。

もちろん、基礎基本は大切です。
商業の検定はスモールステップで
私も、しっかり学べて自信をつけていくところが魅力だと感じています。

しかし、得意な生徒には
もっと欲張ってもらっても良いと思うんです。
具体的に言えば、
「日商簿記2級」「基本情報技術者」
この2つの資格は狙って十分。

さらに言えば
「会計実務検定」
「日商簿記1級」
「応用情報技術者」 などにも挑戦してほしいのです。

われわれ指導者の中に
日商簿記2級は難しい
基本情報技術者まで取得させるのは無理だ
といった先入観があるからだと思うのです。

核心を突けば、指導に自信がない。
でも、違います。
挑戦すればどうにかなるはずなんです。
ときに指導者は冒険的な挑戦も必要です。
周辺をみると
なにか、守りに入っているような気がしてなりません。

熱い先生もっといないかな?

今回はぼやいてしまいました。

P.S.
ITや簿記ももちろんですが、その他に
流通分野や商品開発、ビジネス英語など
一生懸命取り組まれている先生方もいっぱいいます。
元気がない、やる気がないなんて
誤解がありませんように。
posted by mittake.com at 23:00| Comment(0) | 商業